必殺!ソーラーフラッシュ!

二次オタによる陰謀論やスピ系情報の考察。知らんけど。

自殺を考えてる人へ


あなたは頑張り過ぎです。自分を責め過ぎです。

あなたは何も悪くない、失敗してもいい、迷惑かけてもいいんです。みんなそうやって生きてます。

気に病むのは、あなたが優しい証拠です。むしろ誇るべきだと思います。

このような世界で、優しいあなたがうまく生きられないのは当然です。

今は全てを投げ出してでも、しっかり休んでください。

心静かに考えることで、見えてくる光もあると思います。

好きなことがあるなら、思う存分夢中になってください。それはあなたの財産です。


また動きたくなるまで、動かなくていいと思います。

死ぬまで休んでてもいいんです。

とにかく生きてさえいれば、あなたの人生は順調です。

生命は生きる為に生まれるんですから。


あなたのような思慮深い存在は貴重であり、この世界に必要です。

同じように生きづらさを感じている仲間たちの為にも、どうか思いとどまってください。私もその一員だと勝手に思ってます。


酷なお願いだとは思います。自ら死を選ぶということは、並大抵の覚悟ではできません。それほど辛い状況なのだとお察しします。

それでも、数年…数ヶ月でもいいので、ただ生きて、そのただ生きてるだけの自分を肯定し続けてほしいんです。

他の人は関係ありません、しばらくはネットもニュースも控えてください。

あなたの一番の味方は、いつでもあなた自身です。自分にさえ認められれば、心穏やかでいられます。

自分以外、必要ないんです。


退屈でしたら自然と触れ合ってみてください。植物、動物、土、水、風、太陽の光…なんでもいいです。

自然は、ただ生きることのシンプルな美しさ・素晴らしさを思い出させてくれます。


私はあなたの顔も名前も、存在するのかさえ知らないのに、あなたのような仲間がこの世界のどこかで生きていると感じ、今、勇気付けられています。

生まれてきてくださって、本当にありがとうございます。






ここからは余談です。読まなくて大丈夫です。

私も自殺未遂したことがあるのですが、今は思いとどまってよかったと感じているので、この記事を書こうと決めました。

このところ芸能人の自殺が目立ち、誰にとっても辛い時代になったのがわかります。実際に自殺率も上がってます。

お節介だとは思うのですが、私は死にたい気持ちと共に、誰かに止めて欲しい気持ちがありました。8:2くらいで。

そういう方に届いたら嬉しいです。


私の場合、今まで楽しいことなかったし、これからもないんだろうなと絶望したのがキッカケです。

過敏な性質のせいで、「普通に」生きることが困難でした。また、荒んだ世界が嫌でした。それは今でも変わりません。

ですが、生まれたからには生き抜こうと思い直しました。意識がなくなる直前、「もったいない」と強く感じたからです。

私は死後の世界を信じてるので、このまま死んだら後悔すると直感しました。取り返しがつかない、もう一人の自分が焦ってるような感覚でした。

それからは、どうせ死んでた命だし、人生のロスタイムと捉えて、脱力して生きることにしました。というか、それしか生きる道はありませんでした。

普通の人生を諦めること・普通じゃない自分を許すことで、ストレスが減り、自殺が遠のいていきました。


よく考えると、ただ生きるだけでも色々することはあり、頑張ってるな自分と思えるようになりました。

寝っ転がってるだけでも、ネガティブなことばかり考えてしまったりしますよね。生きるって過酷。

だから普段、「なんでこんなこともできないんだろ」とか、「何してもうまくいかない」って自分を責める気持ちになる度に、『いやいや生きてるだけで偉いのに、さらに何かやってるとかマジか?!休め休め』くらいに考えるようにしてます(笑

ちなみにスピ系の星🕺江原さんも、「自殺はダメ。ずっと寝ててもいいから生きて」的なことを仰ってます。また同じような人生を繰り返さないといけなくなるそうです。


それに死のうと思う時って、当たり前かもしれませんが正常な思考じゃないんですよね。

私は楽しいことなんて何もなかったと感じてましたが、今思うとそれなりにありました。嫌な思い出と地続きなだけで。

だから冷静になれるまで一旦、時間を置いた方が良いと思うんです。死ぬのはいつでもできますから。


何かに取り憑かれてる場合も冗談じゃなくあると思います。

私も死ぬことが救いのように感じていて、妙に満ち足りた気分でした。幻覚のようなものも見ました。

もちろん未浄化な思いでいっぱいだった私に原因がありますが。呼び寄せちゃったんでしょね。

ネガティブ思考にはお気を付けて。自分も他人も責めないこと、ザッカーバーグを責めること(おい


あ、お金がなくてただ生きるのすら無理という場合もありますよね。

私はそうなったら餓死するつもりですが、かなり辛そうなのでそこまでいったら自殺もやむを得ない気がします。

というのも、末期ガンなど痛みを伴う不治の病に伏している場合、自殺しても人生やり直しにならないケースもあるみたいなんですよね。江原さん曰く。

かなり苦しくてほぼ動けず、じきに餓死するような状況だったら、ありなんじゃないかと。そんな状況で自殺できるかは置いときます😴


未来ってほんと予想外で、考えてるようには多分なりません。色々起こって、無限にチャンスがある。

時間は待ってくれないので、いずれ環境が変わり、自分も変わると思います。

夢に見た未来に辿り着けるかもしれないし、今ある幸せに気付けるかもしれない。

激動の時代ですし、ちょっとしたら誰もが生きやすい世の中になるかもしれない。今死ぬのは絶対もったいないです。

私があの時死なないでよかったと思えるのは、かけがえのない出会いがあったのと、本当にやりたいことを見出せたからです。

それでも生きるのは大変で、ぶっちゃけ今でも死にたくなる時はあります。というかしょっちゅうです(え〜

でも、人間の人生は短いし、死んで後悔はあっても死なずに後悔はないと思うので、あと少しあと少しと、自分を騙しながらなんとか踏ん張ろうと思います。


最後まで読んでくださり、ありがとうございました。あなたに幸あれ🍀


追記

Lucky Kilimanjaroさんの週休8日って曲がとても良なので、聴いてリィラァックスしてみてください(発音